ミュゼ 日焼け

ミュゼで脱毛するときには日焼けは絶対に厳禁!

ミュゼで脱毛中の人は、日焼けは厳禁です。
なぜかというと、ミュゼで使う脱毛機の光は、黒いものに反応して熱をおびるからです。

 

日本人の肌は通常は黒くないので大丈夫ですが、
日焼けして真っ黒な状態になってしまうと皮膚に光が当たったときに
その部分が熱をおびて熱くなる可能性があります。
これが火傷の原因になってしまうこともあるので、
通常は肌が黒くなっている場合は脱毛を断られてしまいます。

 

また、日焼け後の肌は乾燥しているため、
そこに無理に光をあてると肌のバリア機能であるメラニン色素が活性化されて、
シミやそばかすを増やす原因になってしまうこともあります。
多くの肌トラブルが予想されるので、日焼けは避けるようにしましょう。

 

日焼けが禁止なのは、施術前もですが施術後もです。
脱毛後の肌はダメージを受けた状態と同じなので、
そこにさらに紫外線のダメージを与えてしまうと肌トラブルが起こる可能性があります。
できるだけ長袖長ズボンを着用するようにし、
外出するときには紫外線対策クリームを塗って出かけるようにしましょう。
UVカットの上着や帽子、日傘などを活用してもいいです。

 

日焼けしてしまっても、度合いによっては脱毛可能な場合もあります。
紫外線を浴びたけれども赤くなって黒くならなかったという場合には、脱毛可能です。

 

夏と秋に3ヶ月以内に焼けた場合は脱毛は避けましょう。
一方、春や冬に2ヶ月以内に焼けたのであれば
もう1ヶ月くらいあけてからの脱毛なら可能な場合が多いです。

 

紫外線が強い時期に当たってしまったら、最低でも4ヶ月は脱毛を待つ必要があります。
スタッフに相談すれば肌状態をチェックしてもらえるので確認してもらうといいでしょう。

 

脱毛後の肌は非常にデリケートになっているので、
強い紫外線に当たるのは避けるようにしましょう。
せっかくミュゼでムダ毛をきれいに脱毛しても、
今度はシミやそばかすが増えてしまったということになってしまう可能性もあるので、
日焼けには十分気を付けましょう。

 

ミュゼのキャンペーン!人気No.1キャンペーンの秘密を徹底解説!