自己処理 色素沈着 埋没毛

自己処理の危険性!色素沈着と埋没毛が発生!

薄着になる季節が近づくと気になるのがムダ毛の処理です。
最近は脱毛を専門とするサロンが増えたり、
クリニックでも比較的安価な価格で脱毛施術を行っているため、
プロにムダ毛処理を任せている人も増えています。
ですが、一方で自己処理をしている人は依然として少なくありません。

 

主なムダ毛の自己処理方法には、
カミソリ、電気シェーバー、毛抜き、ワックスなどがありますが、
どの方法も肌への負担は大きいため慎重に行う必要があります。

 

カミソリや電気シェーバーなどで剃る方法は、健康な角層を一緒に削ってしまい、
肌の水分量が減少してバリア機能が低下します。
すると痒みや炎症が起こり、色素沈着として肌に炎症後の跡が残る場合があります。
特に、ワキの下やデリケートゾーンは皮膚が薄く、色素沈着がしやすいため、
できるだけ肌に負担がかからない方法でムダ毛処理をすることが大切です。

 

そして、毛根からムダ毛を抜く方法は剃る方法よりも効果が持続しますが、
痛みを伴いますし、肌トラブルが起こるリスクも高くなります。
これは、毛を抜いた時、周りの組織にもダメージを与えるからです。
特に使用は控えた方がいいのが、毛抜きによるムダ毛処理です。
毛抜きを使って毛を抜く際、皮膚がひっぱられるため、毛穴が開いてしまいます。
繰り返していると、毛穴が大きくなり、ざらついたような状態になる場合があります。
また、出血を伴うと、色素沈着として残る場合もあります。
出血は目で確認できなくても、毛穴の奥で出血していることもあります。

 

さらに、毛抜きで多いトラブルが埋没毛です。
これは、抜いた時に毛根から処理できず、
途中で切れてしまった毛が皮膚の中に埋もれている状態の毛を指します。
埋没毛は自然に治るケースが多いものの、
ブドウ球菌に感染すると毛嚢炎になったり、
無理に取り出そうとすると皮膚が傷ついて炎症を起こし、色素沈着になる場合があります。

 

以上のように、ムダ毛の自己処理はトラブルを招くことが多いため、
サロンやクリニックで処理するのがおすすめです。
自己処理をする場合は、処理前には肌を柔らかくし、
処理後は保湿ケアを十分に行うようにしましょう。