脱毛サロン デメリット

脱毛サロンのデメリット!しっかり理解し、正しく脱毛!

脱毛サロンの最大のデメリットは、永久脱毛をすることができないことです。

 

ムダ毛が気にならなくなり自己処理から解放された人もいますが、
実際は永久脱毛が可能なのは医療レーザー脱毛です。
脱毛サロンのエステティシャンは医師免許を持たないため、
出力がレーザーよりも低い光を使って脱毛しています。
出力を上げられないので産毛や細い毛に反応しにくいです。

 

また人気の脱毛サロンほど予約を入れにくいというデメリットがあります。

 

基本的に施術は予約を入れる必要があります。
しかし1日に対応できる人数が限られているため、
利用客が多いと予約が埋まりやすいです。

 

仕事で忙しい人は脱毛のために無理をして時間を作るなど面倒です。
特に肌の露出が増える春や夏にかけては新規客が増えるので、
ますます予約が入れにくくなります。

 

全身脱毛は完全に終わるまでは1年以上かかるため、
混雑しない冬から施術を受け始めても、脱毛サロンの繁忙期と重なる時期が来ます。
毛周期に合わせて施術を行うため、
予約を入れる日が大幅にずれると脱毛効果が薄くなって、
脱毛完了までの時間がかかります。

 

評判の良い脱毛サロンは安心感がありますが、
利用客の数によっては3ヶ月待ちも少なくありません。
気軽にいつでも受けられない場合があります。

 

それでもムダ毛に悩みを抱えている人は脱毛サロンに通うのが良いです。

 

その理由は、自己処理では肌が荒れるためです。
自己処理の定番はカミソリや毛抜き、除毛クリームですが、
これらの方法では肌に負担をかけています。

 

カミソリでは肌の表面まで削れ、毛抜きでは毛穴が炎症を起こし、
除毛クリームは毛と同じタンパク質でできている肌も溶けてしまいます。

 

光脱毛に使う光は、元々はフェイシャルエステで使うものです。
美肌効果があるので、肌を傷付ける心配がありません。
また医療機関と違って脱毛サロンではキャンペーンを頻繁に行っているため、
気になる部位もしくは全身をお手頃価格で処理できます。