脱毛 生理

生理中のひとは脱毛サロンで施術不可!その理由とは?

基本的に脱毛サロンでは生理中の施術を受け付けていません。

 

女性のホルモンバランスは生理周期に左右されます。
最もホルモンバランスが崩れやすい生理中は、肌がいつもより敏感になっているので、
肌荒れなどの肌トラブルが起こりやすいです。

 

施術では光やレーザーを肌に当てて脱毛を行っています。
これらの熱は少なからず肌にダメージを与えており、
敏感になっている時は負担がいつもより大きくなります。
火傷などの肌トラブルに対して十分に責任を負えない可能性があるため、
肌のコンディションが悪い生理中は施術自体を行いません。

 

またホルモンバランスの影響で体毛が濃くなることがあり、
そのような状態で施術をしても効果をあまり得られないという考え方もあります。

 

さらに経血がマシンやベッドに付着すると、他のお客が不快な気分になるため、
衛生面をキープする狙いもあります。

 

サロンによってキャンセルへの対応は違います。
当日に予約をキャンセルしても何も生じないサロンがある一方で、
キャンセル料が発生したり予約3日以上前なら無料にしたりとお金が関わってくるので、
最初のカウンセリングでよく確認しておきます。
キャンセル料が発生する条件があまりにも厳しいサロンであれば、
契約をする前に検討しなおして見るのも良いです。

 

レーザー脱毛を行っている医療機関では、肌トラブルが起こっても迅速に対応できる医師がいます。
医療機関はそもそも血液が出ることも多い場所なので、
経血が付着しても衛生管理を徹底することもできます。
よって医療機関のいくつかは生理中でも施術を行っています。

 

ただし施術をする人がいくら血液に動じないからといって、そのままで受けるのは失礼です。
タンポンを使用してできるだけ汚さないようにするのがエチケットです。
生理中の脱毛を勧めてない医療機関も多いですが、
キャンセル料が発生する場合は事前に連絡をしてタンポンをで対処します。
その時は次回予約の時に生理と重ならないようにするのを忘れないようにします。