脇脱毛

脇脱毛は、ワキガの臭いを減らす事ができる?本当のところ!

脇脱毛をするとワキガが治ると思っている人もいますが、
脇脱毛ではワキガは完治しません。
しかし、脇脱毛をする事によって
ワキガの臭いをいくぶんか減らす事はできます。

 

ワキガが何かをお話しする前に、汗について少し詳しくお話します。
汗が出る汗腺には2種類あります。エクリン腺とアポクリン腺です。
エクリン腺から出る汗はサラッとしていて、ほとんどが水分です。
塩分はわずかで、臭いはほぼありません。
一方、アポクリン腺から出る汗は白っぽくてネバネバしています。
これには、アンモニアや鉄分などが含まれています。
ワキガの原因になるのは、後者のアポクリン腺です。
しかし、この汗自体には臭いがありません。
ワキガの臭いを出すのは、脇に住む常在菌です。
この菌がアポクリン腺の汗を分解すると、ワキガの臭いになります。

 

脇はデコボコしている上に、
脇毛があると汗がそこでせき止められてしまいます。
また、常在菌は毛根近くに多く住んでいます。

 

そこで脇脱毛で脇毛をなくすと、汗が脇に長時間いなくて済みます。
そして、脱毛なので毛根から毛をなくすと、
菌の棲み家を奪ってワキガの臭いを抑える事ができます。
さらに光脱毛でアポクリン腺を焼き切れば、
アポクリン腺から出る汗をなくす事もできるのです。

 

ワキガはアポクリン腺が多くある人がなりやすく、
原因は体質です。遺伝でもあります。
脂質が多い食事などの生活習慣やストレスも原因ではありますが、
なかなかワキガを完璧に治す事は難しいです。

 

脇脱毛はワキガを治す治療ではありませんが、
菌が住む場所の環境を悪くしてアポクリン腺を焼き切る事で、
ワキガの臭いは減らす事ができます。

 

ワキガに悩むのならば、
脇脱毛で臭いを減らすと言うのも視野にいれておくと良いですよね。
自己処理の除毛だと毛根は残るため、菌が住みにくい環境とは言えません。
脱毛して毛根からなくすのがワキガには良いのです。
脇毛をなくしてスッキリするだけでなく、ワキガも抑えれたら一石二鳥です。